京都で紅葉を見るなら、どこに行っても行列は覚悟してください。(南禅寺編)

今年は11月でも暖かく、ここ最近は朝晩が寒くなったというものの、全体的には11月とは思えないような温度が続いています。

最近では年中観光客の方で溢れかえっている京都ですが、今日(2019年11月23日)も祭日と好天に恵まれて、町中が人で溢れかえっていました。
紅葉のシーズンということもあり、各地のお寺や紅葉の綺麗なところはテーマパーク並みに人がいます。従って、そこに行くまでの公共交通機関も当然のことながらものすごい混みようで、バスは時間通りにはやってきませんので、逆に適当に待ってもバスはやって来ます。当然遅れ遅れでやって来たバスにみなさん乗ろうとするので、ほとんどのバスは昇降口のステップあたりまでぎゅうぎゅうで、バスがやって来ても乗せてもらえません。(乗れません)
出発地点の京都駅のバス乗り場もすごい行列なので、どこかへ行く計画を立てられている方は、目的地に到着するまで、そういったいろんな困難に打ち勝って行かなければいけないことも考慮に入れて計画を立てることオススメします。
しかし到着した先の紅葉は本当に綺麗です。紅葉だけ見てると、頑張って来てよかった、と思います。が、そこでもテーマパークのアトラクションを待つような状態ですので、街全体が大きなテーマパークと考えて開き直れる寛大さが必要かもしれません。そうするとイライラしなくてもすむかもしれませんね。本当は庭のまたはご近所の紅葉を眺めるのが一番いいかもしれません。

京都、南禅寺(2019年11月23日)に行ってみた。

今日は祭日(勤労感謝の日)でもあるし、お天気もとてもよく、さらに暖かかったので(あまり関係ないとは思いますが)、南禅寺はすごい人でした。
南禅寺に行くのにバス1本で行けるルートを利用してみようと思いましたが、案の定時間通りには来ず(想定内)、さらに満員バス何台にもスルーされた為(想定内)、2回ほど乗り換えが必要な電車に変更。しかし南禅寺に向かう人たちはその電車に乗るので、こちらも満員電車でした。

南禅寺に到着しても人は本当にたくさんで、中に入るためのチケット売り場もご覧とお通りテーマパーク並み。最初は並んでいましたが、中もすごい人がいるのが見えたので、中に入るのは諦めました。南禅寺は中に入らなくても周りを散策するだけでも風情はありますし、紅葉もたくさん見ることができますので、もう二度と来ないかも、と思われない方は次回でもいいかもしれません。(次もすごい人かもしれませんが)

紅葉のみに焦点を当てると、紅葉は本当に綺麗でした。今日はほんとにお天気も良く、空が真っ青でしたので、赤と青のコントラストがとても美しかったです。
写真集で見るように人も少ない中で見ることができると、美しさもさらに引き立つと思いますが、見たい気持ちはみなさん一緒なので(自分もその中の一人なので)、自分だけが独り占めということはわがままですね。なので綺麗な紅葉を見ることができたということで良しとしました。
人混みを避けるのなら、朝早く出かけるか、平日だと少しは人も少ないかもしれませんね。(が、最近は外国の方も多いのでなんとも言えません。彼らは夜も遅いし、朝も早いです。みなさん元気です。)

京都を訪れる予定の方も多いと思いますが、人多いだろうな〜と思っている以上に人が多いです。写真やテレビなので見てるのと体感するのとでは多いと感じる感じ方が違うと思います。
夏の暑い時期に少し外国の方が減ったな、と思っていたのですが、10月あたりからアメリカやヨーロッパの方がまたすごく増えた気がします。
日本人の観光客の方と外国人の観光客の方とだとちょっと行動パターンが違うような気がしますが(見るところが違う)、町全体の人数が多いことには変わりありませんので、どこに行くにも計画通りになかなか進まないということを頭に入れておいて、時間と心に余裕を持って来られることをオススメします。

コメント