IELTSの単語を覚える、と言っても結局は自分にあった単語帳を使うのが一番です。

単語を覚えるのは、英語の試験を受けるためだけではなくて、英字新聞や英語の本を読んだり、英語のニュースを聞いたりするためにも必要ですよね。まずは単語量がないと次のステップには進めません。

単語なんて無数にあるので、勉強が進めば進むほど次から次へと知らない単語が出てきて、どこから手をつけてていいかわからない〜って人も多いと思います。

ただIELTSに限らず、試験というのはやみくもに作られているわけではなく、それぞれの試験によって試験をする目的があるわけなので、それに見合った単語を覚えればだいたいは大丈夫です。(もちろんたくさん覚えているに越したことはありませんが…。海外では単語が豊富な人ほど知的レベルが高いと見なされます。)

単語を覚えるのはほんとに大変なので、いろんな人の覚え方やオススメの本を紹介していると思いますが、他人の単語の覚え方は参考にしつつも、最終的には自分にあったものを、自分にあったやり方で覚えるのが一番です。人のやり方をあれこれ調べている暇があったら、1つでも多くの単語を見る方が効率がいいです。
他の人の勉強方法を参考にする利点は、あまり中身を吟味されていないような本を使うと時間とお金の無駄になるので、ある程度他の人の意見を参考にして、評判のいいものの中で自分に合った単語帳を使用するのがいいですね。

実践IELTS英単語3500(旺文社)

この本はあちこちで見かけると思いますが、定番中の定番となっていますね。
もしあなたが、初めてIELTSの受験を考えているとか、まず何から始めたらいいのかなとか、もともとあまり単語量がない、今はまだ英語だらけの本をみたら頭がクラクラする、とかであれば、最初の英単語の本はこれかな、と思います。

「実践IELTS英単語3500」

旺文社が出している本なので、中身は当然日本語で書かれています。まずはこれからスタートするのがいいと思います。(実際に使用していたものなので少し表紙がヨレてます。)

中身はこんな感じです。

日本で販売されている、左に英語、その横に日本語の意味、という形で作られているいろんな英単語帳と中身はよく似ていますが、IELTSの受験に必要な単語がまとめられています。この形の単語帳に慣れている方なら抵抗なく使えるのではないでしょうか。
(私はこのタイプの単語帳はちょっと苦手で、どの単語帳も最初のところは熱心に、途中から飽きてしまうというパターンに陥ってしまい最後まで到達しません…)

キンドル版もあるので、紙の本でなくてもいい人はこちらも手軽で便利に単語学習ができます。
キンドルのアプリをダウンロードしてこの単語帳のキンドル版を購入すれば、本を持ち歩いたり、紙に書き出した単語帳を持ち歩いたりしなくてもこの本を丸ごと持ち歩けるので便利です。
どれも文字の大きさを変えることができるので、自分が見やすい文字サイズで見ることもできます。

ipad

本でもキンドル版でも、他人の真似ではなく、自分にあったもの、方法を使うのが一番です。

Vocabulary for IELTS (Cambridge)

ケンブリッジが出しているボキャブラリーの本です。
日本の英単語帳とは違って、各ユニットごとで関連する単語をまとめて覚えましょう、という作りになっています。

例えばユニット1は「Growing up」になっているので、成長に関する単語、家族に関わる単語を学習します。
単語が羅列されているのではなく、センテンスの穴埋めや、短いリーディング、リスニングなども混ぜてあり、単語だけ覚えていくのではなく、読んだり聞いたり、単語や熟語の使い方を学習しながら覚えていくという形ですね。日本で作られたものと決定的に違うのは使われる英語が自然なので、ライティングやスピーキングにも応用ができると思います。リーディングの問題などはスピーキングやライティングのアイデアとしても参考になるので、オススメです。

出てくる英語はそんなに難しくはないので、ある程度英語が読めれば問題なく使えると思いますが、ただ当然日本語は全く出てきませんので、英語ばかりだと目が回る、と感じるような方にはちょっと抵抗があるかもしれないのと、基礎文法力がないとちょっとしんどいかもしれません。
それと文字が結構ちっちゃいですね

Vocabulary for IELTS Advanced (Cambridge)

「Vocabulary for IELTS」の続きで、その上の版になります。高い点数を必要とする方は前者に引き続いてこちらも使用されるといいと思います。
IELTSの試験は、TOEFLと違って一般的な単語も知っておく必要があるので、そういった単語も含めて覚えていけるのが「Vocabulary for IELTS」で Advanced は内容に少しアカデミックな要素が加わってきます。

当然単語も難しくなりますし、その分問題も難しくなっています。
ただ、本当に海外で勉強するならば、試験の結果だけ良ければいいのではないと思いますので、引き続き学習することをオススメしますが、まずはオーバーオール5.5〜6.0が必要くらいの方は慌ててする必要はないと思います。

Vocabulary for IELTS (Collins)

同じようなタイトルになりますが、こちらはコリンズの本になります。

これもケンブリッジの本と同様に各ユニットごとで関連のある単語をまとめて覚えます。
ケンブリッジの単語の本と違うところは、こっちは各ユニットの最初に、ここではこれだけは絶対覚えましょう、という単語がまとめてあり、それぞれの単語の定義が書かれています。それを覚えた前提でユニットの中身を学習していきます。最初に単語がまとめてあるので、その部分は使いやすいですね。

こちらもリーディングやライティング、リスニング、スピーキングの問題が混ぜてあり、単語を覚えながら4技能を学習できるように作られています。
本文にはもちろん知らない単語も出てきますので、それも合わせて覚えていくといいと思いますが、まずは最初にまとめてある単語は必ず覚えてください。

英語の文章自体はそんなに難しくないので、英語のみで理解する練習をするのにオススメです。ただケンブリッジのテキスト同様、英語ばかりだとちょっと、と思う方や基礎文法力がない方は、まずは日本語の単語帳で学習する方が効率がいいかなと思います。

海外(英語圏)に行けば、当然見るものは全て英語になるので、日本にいるうちから英語のみを見ることに慣れた方がいいと思います。
留学をするんだけど、行く大学のサイトの英語がわからない、というような大学生も結構います。えっ、留学するためにIELTS勉強してるんじゃないの?自分の行きたい学校のサイトが読めない?と思うことも。
本当に海外の大学で学ぼうと思うなら、IELTSのテストなんてほんの入り口なので、点を取ることだけを目標にするのではなくて、その先まで見据えて勉強した方がいいと思います。

せっかく海外の学校に行くのだから、それにかかったお金や時間のもとを取るどころか、それ以上のものを手に入れてこないともったいないです。
行って帰ってくるだけの留学なんて、今やほとんどの大学生がやってるんじゃないの?と思うくらい。留学なんて興味ない、という人の方が希少価値があるんじゃないかと思うくらいです。もはや留学=旅行のようになってしまっている留学。他の人とは違う、というものを手に入れてこないと社会に出ても使えません。

単語を覚えるためのオススメのアプリをご紹介します。

紙の単語帳は、家でまたは学校や職場で腰を据えて学習するときに使用するのはいいのですが、ちょっとした隙間時間に学習できるという点では気軽に持ち運べるアプリの単語帳はオススメです。
そういう意味では、最初に紹介した、スマホやipadを利用するのもいいですね。

英語が苦手な人や英語初級の方は、英語の文章を見た時に、目にした英語の量で「英語か〜…」とか「こんなの読めないわ〜。」とか、読む前からすでに拒否反応を起こしてしまい、ほんとは簡単な英語で読めるかもしれないのに読まない、みたいに食わず嫌いになりがちです。

少し勉強が進みだすと、英語を読むということ自体は抵抗が少なくなると思いますが、次にぶつかる壁は、知らない単語が多すぎて、いちいち辞書を引かないと読む進んでいかない、だと思います。そうなるとその文章を読むのが嫌になりますし、かといって、自分が知っている単語ばかりが出ているものだといつまでたっても上のレベルに上がれません。

そこでやっぱりまずは単語をたくさん知っておくことが大事になります。
単語が増えると読めるものも増えるので、本の選択肢も広がります。いったん読む楽しさにハマると次々よみたくなるかもしれません。そうなると相乗効果で単語も増えていきます。(そうなるまでの我慢はある程度必要ですが…。まずは自分のレベルよりちょっとだけ上のレベルの本を読むことから始めるのがいいです。)

では、オススメアプリのご紹介です。

メモメモ暗記帳Lite

昔ながらの紙の単語カードとほぼ同じ、ただめくって覚える単語カードのアプリです。

昔は小さな長方形の紙が綴ってある単語カードに覚えたい単語を書き写して、持ち歩いて覚えていましたが、これはそれをアプリにしたもので、ほぼ紙バージョンと同じように使えます。

単純にめくって覚えるだけ。(前からでも後ろからでもめくれます。)
覚えたら簡単に削除できます。
テーマ別などによっていくつも単語カードセットが作れます。

難しい操作はないので、覚えたい単語が出てきたらちょこちょこと書き込めるし、書いたものは隙間時間にめくて覚えられます。オススメです。

こちらのLiteは無料ですが、有料版は120円になります。

Quizlet クイズレット

こちらも基本は自分で単語カードを作成して学習するものですが、作成した後が素晴らしいです。
自分が作った単語カードでいろんなテストをしてくれます。

  • 単純に普通の単語カードとして、めくって覚えることもできます。(見て覚える。)
  • 単語を筆記で覚えることもできます。(書いて覚える。)
  • 単語カードをマッチさせて覚える。時間測れるので、時間がかかるということはまだまだ覚えていないと確認することができます。(トランプの神経衰弱と同じ要領です。)
  • テストもあります。
  • 自分が作った単語帳の読み上げ機能もあります。

自分が作った単語カードで学習することもできるし、他の人が作った既存のカードでも学習できます。
自分のが作ったものを他の人が閲覧する、自分だけで学習するかをボタン選択できます。自分だけで学習したい人はそれもOK。

これ1つでいろんなことができるので、1つのパターンだけでなくいろんな角度から覚えたい方にはオススメです。ただ1つ難点は、筆記の時に自分が作った通りの答えを書かないと「違う」と出てしまうので、ここがちょっと難点ですかね。(例えば、「I play tennis.」「私はテニスをします。」→「わたしはテニスをする。」残念不正解!となってしまいます。)

価格は無料です。

Magoosh IELTS : Vocabulary Flashcard

英語のみで学習したい方はこれがオススメです。

各セクション50ワードずつで学習するようにできていて、まず最初は 「Common Words」50個から始まります。それをクリアすると次は「Easy Words」→「Medium Words」…「Hard Words」…最後は「Very Hard Words 3」になります。
特に各セクションをクリアしなくても自分ができるところはパスして、やりたいところをやっても大丈夫です。

各セクションとも間違えた問題を何度も出題してくれるようになっていて、それをクリアすると「You have mastered 50 out or 50 words.」という緑のゲージがいっぱいになります。

英語の定義が書かれているので、似たような日本語の意味に惑わされず、その単語が持つちゃんとした意味が理解できます。英語の定義に抵抗がなければオススメです。

価格は無料です。(TOEFL版もあります。)

mikan

このアプリは結構使っている方が多いんではないでしょうか?
無料で「大学受験英単語2500」と「TOEFL英単語3800」「micanオリジナルTOEFL」「GRE英単語1500」の一部が使え流ので、試してみました。そのほか小中学生、TOEICなど色々と教材がありますが、micanオリジナルのものは一部無料で使えるようです。残念ながらIELTSの無料お試しはありません。
無料のものを使ってみましたが、Rank1からスタートなので、単語はどちらかというと簡単です。本格的に使う場合は mikan PRO にしないといけないですね。「7日間無料で使ってみる」というのがあるのでどんなものか試してみてから購入してみてはどうでしょう。(私は試していませんが)
購入する場合は1ヶ月1000円(7日間無料)、6ヶ月4800円(7日間無料)、1年7200円(14日間無料)から選択できます。1年7200円をオススメで押しているみたいですが、どれくらい勉強するか、自分と相談になりますね。
mikan PROにするとmikanアプリの中で提供されている教材が色々と使えるようです。

「大学受験英単語2500」ではRank1、Rank2を修了した後、Rank3以降はランクアップテストをパスすると進めるみたいです。「TOEFL英単語3800」は無料の単語を終えた後は単語帳を購入しないといけないようですね。一度無料版を試してみてはどうでしょう。

British Slang

これは IELTS とは直接関係はないのですが、イギリスで使われているスラングばかりを集めた単語のフラッシュカードです。

真ん中の単語はどういう意味でしょう? クエスチョンマークのマルを押すと答えが出てきます。

イギリスに行かれる方で、イギリス人が使うスラングも知っておきたいと思う方は使ってみてはいかがでしょうか。行かなくても知識として知っておくのもいいかもしれません。

さて、「copper」って何でしょう。答えは「a policeman」でした。
価格は無料です。

WORD of the DAY

これはちょっと変わっていて、1日1単語を毎日覚えていくものになります。
今日、2019年9月14日の単語は「Reprobate」(無頓漢、無節操な人、神に見捨てられた人)です。知っている単語と知らない単語が混ざってますが、基本的には知らない単語の方が多いです。知っている単語も英検1級レベルのような感じがします。上級者向けかもしれません。

ただ毎日1単語なので、初級、上級と分けるのではなく、自然に覚えてしまえばなんてことないのかもしれないですね。ちなみに去年の9月14日の単語は「Physiognomy」(人相、顔つき、顔)でした。やっぱり難しい。
(ずっと過去までさかのぼれます。最初にダウンロードした日までさかのぼれるのかな…?)

興味のある方はダウンロードしてみてください。
価格は無料です。

オススメの単語帳(紙版)とオススメのアプリをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

人それぞれ好みもありますし、使いやすさも人それぞれだと思いますので、最終的には自分にあったものを使うのが一番だと思いますが、情報がないと何がいいのか悪いのかの判断もできないので、一つの情報として参考にしてもらえたらと思います。

自分に合うと思われたらさっそく使い始めてください。
1日でも早く始めて、1日でも多く単語を覚えてくださいね。
では IELTSの試験に向けて頑張りましょう!

コメント