英英辞典[オックスフォード]と[ロングマン]を比べてみよう

教育

英語を学習している人は少なくとも何かの辞書は使っていると思いますが、ネットで簡単に調べられるからか、高校生や大学生でちゃんとした辞書を使っていない人も結構いるようなんですよね。

英語を勉強するならやっぱりちゃんとした辞書は使わなくてはいけませんね。

今はスマホの辞書アプリを使う人が多いので、重い紙の辞書を持ち歩くという人はきっとほとんどいないと思いますが、自分が使っている辞書アプリ、紙の辞書だとどんな感じなのかをちょっとご紹介したいと思います。

紙の辞書のメリット

・紙の辞書のいいところは、引きたい単語だけを調べるのではなく、開いたページの中で目に入った気になる単語もついつい見てしまい、何度も見てると自然に(とまではいかなくても)覚えてしまったりするところですね。

・また調べたい単語に到達するまでにページをめくって、手を動かし目を動かすことで、記憶にも残りやすいようです。

・何度も調べていると、あのページのあの単語の斜め上にはこんな単語が書いてあったな、といった記憶も残ったりします。

・使い込んでいくと勉強した感が残るのもいいですね。

紙の辞書のデメリット

・なんといっても重いです。スマホに入れていつでも持ち歩けるアプリと比べると比較になりません。

・アプリのように調べたい単語がすぐに出てくるわけではない。メリットがデメリットにもなる点ですね。

・音声が出ない。発音記号で読む必要があるので、正しい発音かどうか不安になる時がある。まず発音記号を覚えないといけない。

私が子供の頃は、全て発音記号で読まなければいけなかったので、発音記号を見ればほぼ発音はできます。覚えてみるのもいいかもしれませんよ。

手持ちの英英辞典の中身を比べてみました

現在私が持っている紙の英英辞典は10冊ほどあります。
その中から学習者の中級・上級の方が使うのにおすすめのものをご紹介したいと思います。
版は最新のものではないものもありますが、辞書が丸ごとそっくり別のものみたいに変わるということはないと思いますので、紙の辞書も買ってみようかなと思ってる人はそれぞれの特徴を参考にしてみてください。

ちなみに英英辞典は英和辞典と違いますので「単語=意味」ではなく、単語の定義が書かれています。
日本人が国語辞典を引く感覚と同じですね。
日本語と英語のニュアンスの違いを調べるには英英辞典は必要です。

Oxford Advanced Learner’s Dictionary(オックスフォード現代英英辞典)

私のは第7版なので少し古いです

これは英語学習者中級レベルくらいの人なら知っていると思いますが、学習者用の英英辞典なので、優しい英語で書かれていてとてもわかりやすいです。
いうまでもなくOxford University Pressの辞典なので信頼がおけますね。最初に使う英英辞典としてオススメです

中はこんな感じ!

現在は第10版が出ているので、少し古い版になりますが十分読んでいて楽しいです。


この辞書はカラー刷りなのでところどころに描いてある挿絵もカラーとなっています。
なので、辞書というより本のような感覚で見る(眺める)こともできます。

真ん中にはこんなカラーベージがあります。10版もあるのかな…。

具体的な単語数というのが見つからないので単語のみだと数がわからないのですが、アマゾンの出版社からのコメントのところを見ると、第7版では総項目数183,500語とあります。
第10版は228,000以上の見出し語、派生語・成句など収録とあるので、総項目数は増えているようですね。

単語の定義はthe Oxford 3000 と言われる3000語で定義されていて、この3000語は単に簡単な単語というのではなく、有用性を考えて選択された3000語のようですね。英英辞典の購入を検討されている学習者の方におすすめできる辞書です。

Concise Oxford English Dictionary(12th edition)

これはあのOED(オックスフォード英語大辞典)をもとに作られた辞書で、OEDに比べると名前の通りコンサイスですが、百科事典並みに重いです。(ハードカバー)

240,000以上の単語やフレーズ、意味が掲載されています。
当然、Oxford Advanced Learner’s Dictionary (OALD) に載ってない単語も載っています。
単語の説明はやはり優しい単語で書かれているOALDの方がわかりやすいと思います。
学習者によってはこっちだと説明に使われている単語がわからない、ということも起きるかもしれません。
ちなみに地名や人名は記載されていません。

中はこんな感じ!

上述のOALDとは違い白黒の2色です。
単語は太字のゴシック体のような文字で、白い紙にくっきり見えて、さらに文字もぎっしり詰まっていないので、結構見やすいです。どちらかというとOALDの方が文字がぎっしり詰まっている感じがします。まあ、わかりやすく丁寧に説明すると文字数が増えるのは当然なのですが…。

英語を使った仕事をしている人にもおすすめできます。

Oxford English Mini Dictionary (8th edition)

この辞書もOxford English Dictionaryなのですが、他とちょっと違うのはタイトルにもあるようにミニサイズです。
ほんとに手のひらに乗るくらいの大きさで、とても可愛らしい辞書なのですが、90,000語も単語、フレーズ、定義が掲載されていて、小さい分、意味も最小限に的確に書かれています。
発音記号などは載っていないので、ある程度英語ができる人でないとちょっと難しいかもしれません。
ささっと調べたい時にそばに置いておくとほんとに便利なので可愛さも含めて結構気に入っています。

小さくて軽いので気軽に持ち運べます。

LONGMAN Dictionary of Contemporary English (5th Edition)

調べたところ、今一番新しいのは第6版のようなので、一つ前の版になります。
230,000語、フレーズ、意味、165,000の例文、65,000のコロケーション他は基本的に5版も6版もあまり変わりがなさそうですね。ただ、新しい版の写真や挿絵は変わっているようですし、中身も改良されています。
この版はROMがついていましたが、6版はOnline Dictionaryに変わっているようです。

中はこんな感じ!


カラー刷りで単語が青い文字で書かれているところは、オックスフォードの現代英英辞典と感じが似ています。
ところどころに描かれている挿絵もカラーで、覚えておいた方がいいコロケーションやシソーラスが四角く囲まれて書かれているので、見やすいですし、わかりやすいです。単語の定義は普通によく使われる単語2000語を使って書かれているようなので、OALDよりもよりわかりやすく、英英辞典を初めて使う学習者におすすめできると思います。

リーダーズ英和辞典 第3版(おまけ)

これは英英辞典ではなくて英和辞典ですが、英語を使う仕事をしてる人は結構使っているのではないでしょうか?
見出語や、イディオムなどを含めた収録項目数は280,000語で、学習用の辞書では載ってない専門的な用語もこの辞書には載っていることが多いので、これは1冊持っていてもいいと思います。

ただ例文などはあまり載っていないので、わからない英単語→日本語ではこういう意味、といった調べ方をする辞書になりますね。
英語そのものを学習している人には少し使い方難しいかもしれませんので、初級学習者の方にはあまりおすすめしません。

以上、よく使われる英英辞典とおまけの和英辞典をご紹介しました。
基本は自分の使い方にあったもの、自分の好みで選ぶのが一番いいと思いますが、選ぶ際の参考にしてもらえたらと思います。

コメント