大人になって英語をやり直したいと思っているあなたへ!文法の学習は必須です。

Image by PDPics from Pixabay

今これを読んでいるあなたは、なぜ英語をやり直したいと思っていますか?

  1. もともと英語は得意だったけど、しばらく英語学習から離れていたら忘れてしまった。
  2. 英語力?まあまああると思うので、試験を受けて留学しようと思う。
  3. 学生時代は英語は苦手だったけど、社会人になって仕事をすると英語が必要だと痛感している。
  4. 仕事では必要ないが、またはもうリタイアしたので洋書を読んだり、英字新聞を読んだりしたい。
  5. 海外旅行に行ったときに英語ができたら楽しいと思うから。

など、いろんな理由があると思います。

これに回答するならば…

  1. もともと英語が得意だった人は、あやふやなところだけ文法書でさらえば大丈夫。徐々に思い出していきます。この際、細かい部分も学ぶ。
  2. それぞれの試験にはパターンがあるので、試験にあった勉強が必要。ただし文法が弱いと高得点は取れませんので並行して文法の学習は必須。
  3. 仕事で英語が必要な人は絶対文法をきちと押さえる必要があります。単語を羅列しただけの英語や覚えたイディオム連発の英語を話したり、書いたりしても海外のクライアントには通じません。
  4. 洋書や英字新聞を読むには文法は必須。でも仕事ではないので、ゆっくり楽しみながら勉強すればいいと思います。
  5. 英語ができれば旅行も数倍楽しいけどできなくても楽しいので、絶対必要というわけではない。

大人のやり直し英語は強い動機が必要です。これがないと失敗に終わる可能性があります。

そして自分が現在どのレベルにいるかを確認する必要もあります。
やみくもに文法書を見て学習してもわかったつもりなるだけになってしまいます。

大人になって言語として英語を使う場合は、その言葉のルールに従って、状況に合わせて使用する必要があるということは知っておかないといけませんね。

文法が大事なのはよくわかった。じゃあ、どこから手をつけたらいい?

まず、今の自分のレベルはどこでしょう?

  • 英語はアルファベットがわかるくらいで、cat や dog などの基本の基本の単語しかわからない。ほんとに一から学びたい。
  • 英語の5文型はなんとなく覚えているけど、文がちょっと長くなるともうわからないかも。
  • 中学校の英語はわかるけど、関係詞とか出てくる高校の英語になるとだんだんわからなくなる。
  • 高校レベルも理解できるけど、細かいところがあやふやで自信ないかも。
  • 英語はできるので、もっと高いレベルで学びたい。(これはやり直しとは言わないですね。)

自分の今のレベルがわかったら、そのレベルにあった文法書でやり直し学習を始めましょう。

■ ほんとに一からやり直し学習をしたい

今やいろんな文法書が売られていますので、本屋さんに行って実際中身を見るのが一番です。とはいえ、色々ありすぎてわからないかもしれませんので、参考になる本をご紹介したいと思います。

「SUPER STEP 中学英文法 1〜3年」くもん出版 (無料音声付き[ダウンロード対応])

最初はまずアルファベットの説明から書かれています。
各章の最後にはまちがい探しがあり、理解できているか確認できます。

わかりやすく簡単に書かれているので、逆にちょっとこの説明でわかるかな?…と思うところもありますが、ここではまず英語のルールを知って文の作り方を学習しましょう。

※単語は単語帳などを使って並行して覚えていく必要があります。

■ 英語の5文型はなんとなく覚えてるけど、文書を読むのはちょっと…。

上の「SUPER STEP中学英文法 1〜3年」の姉妹版として出てる

「SUPER STEP 中学英語リーディング 1〜3年」くもん出版(無料音声付き[ダウンロード対応]

STEPごとに文法の説明があり(上の赤い本より少し詳しい)、それに沿って短文から読む練習をしていく形になります。

文法(ルール)をより理解するためには、ある程度まとまった文を読むほうがわかりやすいと思います。

こちらも説明は簡単にわかりやすく書かれています。 
その分少し説明不足なところもありますが、ここでは短文からある程度まとまった文を読むことに集中しましょう。

ここで疑問が出てくるということはだんだん理解してきている証拠です。諦めずにがんばりましょう
なんでこうなるんだろう、という疑問がたくさん出て来たら次のステップにいきましょう。

■ 高校レベルの英文法はわかるところ、わからないところとがある

このレベルになると、ある程度きちんとした文法書が必要になります。

中学校で習う基本をマスターしたら、高校ではいよいよそれらを応用しながら新しい文法を学ぶことになりますので、基本をカバーしつつ、より詳しい説明されているものを使いましょう。

人気のあった「総合英語 Forest」の後継版で、現役高校生も使っている、

「総合英語 Evergreen」いいずな書店

最初から順番に読んでいってもいいですし、わからないところをピックアップして読むのもありです。
高校レベルの文法がわかりやすく説明されています。

上の赤い本、青い本の2冊を学習して出てきた疑問は、この本で大体解決するのではないでしょうか。

※単語は単語帳などを使って並行して学習していく必要があります。
※この文法書を学習するレベルの人たちは、もうウェブ上の無料辞書を使うのはやめましょう。紙のものでも辞書アプリでも構いませんので、きちんとした英和辞典を1冊購入しましょう。

■ 英語はできるけど、ちょっと疑問が出てきた時に調べたい

ここは定番の「ロイヤル英文法」ですね。

文法の説明は断然詳しいので「総合英語 Evergreen」を使わないでこちらを使ってもいいと思います。

細かく詳しく書かれていますので、丁寧に読んでいけば大体の文法は理解できるようになると思います。(単語は別学習が必要)

ただ、英語そのものよりも日本語の説明に文法用語がたくさん使われているので、それがわからないと説明も難しく感じてしまうかもしれません。

※Kindle版とペーパー版とあるので注意してください。

その他、この「ロイヤル英文法」の姉妹版として

「表現のための実践ロイヤル英文法」というのがあります。

出典:アマゾン

こちらは名前の通り、表現力をつける英文法書です。

使用されている例文が、他のものとは違い、すぐに使える文になっています。実際に使える英語表現を例文として使っていて、その例文を使って文法の解説をしています。

例えば、前置詞の説明のところにある
Penguins in the Antarctic are very sensitive to changes in climate.
(南極のペンギンは気候の変化にとても敏感です。)

時制の一致のところでは、
The Doctor said that SARS could be prevented by washing hands often.
(その医者は、新型肺炎は、手をしょっちゅう洗えば防げると言った。)

(※私の使用しているのは、この本のアプリ版なので本とは多少違うかもしれません、)

ある程度文法はわかっている人向けにはなりますが、例文を覚えて、それを応用して使うと、ある程度会話ができるようになると思います。

※Kindle版とペーパー版があるので注意してください。

■ おまけ

英文法はだいたい理解できているけど、より深く知りたい人や英文解釈と英作文の学習にも使いたい人には、

「英文法解説」江川泰一郎 著 金子書房

こちらもロングセラーとして読まれています。文法はすでにわかっている人向け。

■ 最後に

英語を学習する上で、読む、書く、聞く、話すの全ての基礎は文法になります。
この基礎部分なしで4つの技能の練習をしても、できてる風だけで、ほんとはできていません。

大人になって英語をやり直すには、まず英文法をしっかり理解することが一番大事です。
そして文法と単語を並行して学習してください。

英会話を習ったり、英作文を書いたり、音楽や映画を見たり、洋書を読んだり、これらは全てしっかりした土台がないとできません。よく言われる家作りと同じですね。

学生時代にきちんと勉強していればなぁ、と思う時間があれば、いますぐ始めてください。

早く始めれば早く始めるほど、次のステップに進むのも早くなりますよ。

コメント